HOME>イチオシ情報>素材ごとに暖かさや光熱費などが異なるため確認を
暖房器具

洗面所やトイレで使うのに向いている

電熱ヒーターを利用する目的は暖房費用を抑えて効率よく室内を温めたいことがあげられますが、種類が複数あることを知っていましたか。ハロゲンランプを熱源としている物や、カーボンを熱源としているものなど、種類ごとの特徴や部屋の暖かさ、光熱費への影響があるため、事前に確認してから利用することが必要です。シーズヒーターは壊れにくいけれど暖かくなるのに時間がかかること、グラファイトヒーターはすぐ暖かくなるけれど値段が高いといいます。すべての電熱ヒーターに共通している特徴はスポット的に利用することで真価を発揮するものだということで、トイレや脱衣所などでヒートショック現象を起こさないように使うのに向いているアイテムです。

日向のようにやさしく温める

電熱ヒーターの仕組みは電気を使って使用する場所を温めるアイテムで、電気と遠赤外線を組み合わせて太陽光のような優しい暖かさで室内を温めるのが特徴です。人体の外と内側を同時に温める能力があるため、近くに置いておくと身体の温まるスピードがほかの暖房器具よりはるかに早いといいます。人体を温めることに強いヒーターですが、空気を温める能力は低いため、あまり広い部屋で使うのに向いていないところが残念なところです。しかし、エアコンで広々とした部屋のすみに風がいかなくて寒いと感じる人のそばへ設置するなど、ワンポイントで使用することが暖房器具として真価を発揮するといいます。

熱戦に電流を通して暖かくする

利用する種類によって温める仕組みが異なりますが、基本的には熱線に電流を通して熱を発生させるのがおおまかな電熱ヒーターのしくみとなっています。利用するアイテムの中にはハロゲン元素を使ったものや、炭素化合物を利用したもの、黒煙を使った金属管など多彩に存在しており、それぞれ温まるスピードや光熱費が多少異なるのが特徴です。使用する目的や設置する場所、温める対象によって利用するアイテムを変えたほうがいいでしょう。特に小さな子供や高齢者、ペットを温めたい場合、低温やけどをしないよう十分な配慮が必要となるため、慎重に選んでください。

広告募集中